embroidery series



晩春が終わり、初夏に以降しつつある今日この頃、
夏に一枚で涼しく着れる2つのアイテムをご紹介します。

まずは、正方形のトップスから。



前回のAW以降、展開しているデザインのひとつに”正方形”があります。

人体の凹凸を無視したときに出るドレープや、スカーフや風呂敷のように見える感じが新鮮で、

生地や仕様を変えながら展開中の形です。






サイドは、真ん中の一部だけ縫い合わせて上下を袖口とスリットに。




まわりは、穴を開けながらかがる”ピコ”と呼ばれる細かい刺しゅうをぐるりと施し、

サテン地で包まれた4辺の角は額縁始末です。




裾の大きな刺しゅうは3Dフォームと呼ばれる、刺しゅうを盛り上げたいときに使う手法。
よく、キャップなどのフロントワンポイントに使われる刺しゅうで、ウレタンフォームを生地の上にのせて刺しゅうします。
今回は5mm厚の固めのフォームを使用して立体感を出しています。
柄はevalorenのロゴの一部からおこしたもの。



肩は、着用時にほどよく収まるように重ね合わせた仕様に。



色違いでブラックの展開も。

続いてはワンピースのご紹介。






袖をたたむと本体は長方形です。



サイドポケットあり。



袖口は、すっきりとロックミシン始末。



長めのサイドスリット。



ワンピースもブラックの展開がございます。

素材はテンセルとリネンの混合で、程よい張りと落ち感が特徴です。
一度洗うと、のりが剥がれたように張り感がなくなり柔らかくなります。


<洗い前>



<洗い後>



洗い後の自然なシワと、くたっとした感じも雰囲気があってまた良いです☆


shoppingページアップしました☆
↓↓↓
http://evaloren.shop-pro.jp/